MENU

ソニー銀行カードローン審査で気をつけたい3つのポイント

 

ソニー銀行のカードローンの場合は、ソニー銀行で取引口座を持っていれば即日融資が受けられますので、可能ならば審査を受けられる前に取引口座を開設していたほうがいいと思います。なぜなら、審査申込時に口座を持っていなくてもこの銀行で最終的にカードローン取引をするならば、いずれにしても持つことが条件になるからです。二重手間を避けたいなら早く口座を開設したほうがいいと思います。

 

 

カードローンの希望額を300万円以上に考えているなら、収入証明書を前もって用意しておくことです。収入証明書は手元まで確保するのに時間が掛かります。もしそこまで最初から必要ないのなら、その額以下で申し込んで、のちのち300万円以上の極度額に増加してもらいましをょう。
本人確認書類は他の銀行や消費者のように、メールに添付したり、スマホ専用のアプリをダウンロードしたりして送れません。ソニー銀行の場合はFAXもしくは郵送しか方法がありません。時間に余裕を持たせておくことが必要です。

 

ソニー銀行カードローンの審査時間がとにかく早い理由

 

審査が早い理由は全ての審査のプロセスをHP窓口一本に絞っているからです。おそらく効率を追い求めた結果こういう申込方法にたどり着いたのだと思われます。

 

さらにソニー銀行ではこの銀行に取引口座があってもなくても基本的に審査を受け付けてくれます。他の銀行だと、前もってその銀行に普通預金口座があることが前提になることが多いので、これは特筆すべき特徴だと思います。これも審査を早めている理由の一つです。

 

特に取引口座がなくても、審査さえ通過すれば、その申込者の取引銀行の口座に即日振込してくれるので、その方の常に使っている口座通帳もしくはキャッシュカードで引き出しができるからです。ただしそれ以降はソニー銀行に取引口座を開く必要があります。さらに保証人不要という条件も審査時間を早めてくれます。

 

ソニー銀行カードローンの審査基準はこれ!確実審査に通る為に

1・ソニー銀行のカードローンは、消費者金融を規制している総量規制の適用外なので、カードローンの希望額が300万円までは所得証明書の提出を必要としません。

 

2・基本的にソニー銀行に普通預金口座を持つことが審査を通る条件になります。(のちに開設するのも可能)

 

3・審査に当たっては全て正直に個人情報を申告することが最低条件です。特に過去の他の金融機関での延滞・滞納および債務整理の情報を隠して申告することは信用失墜のみならず、以降一切ローン系の申し込みができなくなることを意味します。

 

4・ソニー銀行の要求してくる各種提出書類はきれいにコピーして送りましょう。不鮮明なままの書類は二度手間だけでなく、信用低下にもつながって最終的には審査結果にも反映されます。

 

5・ソニー銀行は他の銀行と同様銀行です。消費者金融の営業時間ほど弾力的ではありません。その日のうちにちゃんと審査に通過したいのなら、ちゃんと決められた時間内に早めに審査を受けておきましょう。

 

6・無職の主婦でもソニー銀行のカードローンは利用できますが(他では一般的に難しい)あくまで配偶者に安定した収入があることが条件です。かつこの場合は最高10万円がカードローンの限度額です。

このページの先頭へ